ロボット

ROBOT

”ロボット” で介護の負担軽減

Reduce the burden of nursing care with “watch over robot”

image

脈拍・呼吸数を計測
センサー内蔵で触れずに脈拍・呼吸数を
計測することができる

image

24時間監視
集中管理センターで24時間オペレーターが監視しています

image

常に安心・見守り
「常に⾒守りに来てくれると思って安⼼できる」という声も。

コミュニケーターとして優秀な会話能力と運動能力を誇る富士ソフトの人型ロボット「パルロ」も活躍しています。
いろいろな高齢者福祉施設から高い評価を得ているパルロに搭載された様々な最先端技術。
そのカギを握るのが「ロボットを使った介護予が防必要とされはじめている。」という、発想です。
image
当社の有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅には、当社開発の見守りロボットが導入されています。
特に、夜間の安否確認に一役買っています。万一、転倒やナースコールが鳴ると、すぐに見守りロボットが駆け付け、状態状況把握を行った上、施設スタッフに連絡され、施設スタッフが救急の手配や処置を行いますので、入居者も安心安全です。

施設スタッフの負担も軽減され、瞬時に脈拍、呼吸数などのバイタルデータが開示されますので、利用者や救急隊からも喜ばれています。
その他、富士ソフト株式会社のコミュニケーションロボット【PALRO】も導入され、毎日、歌を歌ったり、体操をしたりして、レクリエーションや入居者のお出迎えに大活躍。

当施設では、ロボットは入居者の皆様からよく気が利くやつだとよばれています。
image
シニアに必要な介護予防活動を“1体”でサポートできる。

コミュニケーターとして優秀な会話能力と運動能力を誇る私たち富士ソフトの人型ロボット、パルロ。
お陰様で多くの高齢者福祉施設の皆様から高いご評価やお問合わせをいただいています。
そのカギを握るのが「ロボットを使った介護予防」という、新しい発想。パルロに搭載された様々な最先端技術が、介護予防の分野で必要とされはじめています。

ご存じの通り、「介護予防」は、心とからだの活性化によって健康寿命を延ばそうとする試み。身の回りのことをできるだけ自分で行い、意識的に、体や脳へ適度な刺激を与えることが望ましいとされています。なにより、自己実現を可能にします。
image
パルロが行う体操は高齢者のみなさまの健康をお手伝いをします。

また、高齢者レクリエーションの雰囲気が明るくなります。
それだけではなく、有能なコミュニケーションロボットは、絶妙な受け答えでご利用者さまの心を優しく和ませたり、予想を超える応答や動きをみせて、驚きや笑いや癒しをもたらしてくれます。

パルロのように、人工知能が搭載された高度な人間型ロボットがその代表格です。
似た役割をもつ介護ロボットとして、ロボット犬やぬいぐるみのような外観のペット用ロボットなどのように、コミュニケーション能力は低いながらも、見た目や触覚により癒しを与えてくれるロボットもあります。

安心・安全な生活と ”自分らしく” をサポートします

We support safe and secure living and “myself”

image

サービス付き高齢者向け住宅 詳細

image

グループホーム 詳細

image

有料老人ホーム 詳細

ホームケアー株式会社では、奈良市・生駒市をはじめ多くの地域にて有料老人ホーム、グループホーム、サービス
付き高齢者向け住宅の運営及び在宅介護、ホームヘルパーなどに日々取り組んでおります。
介護及び入居をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

各施設の「空き部屋数」や「たより」は上記ボタンからご覧いただけます。